お電話でのご質問・ご相談は…0279-22-0099

私たちの家づくり

八城建設株式会社は環境にやさしいあしたの住まいづくりを目指しています。

近年の地球温暖化は他人事だと思っている人は少なくありません。しかし、地球温暖化は進んでいっています。
地球温暖化には、温室効果ガスの排出が大きく影響していると考えられています。最近になり、ゴミの減量やハイブリットカーの利用により、CO2の排出を少なくする意識改革が進んできました。空調温度も暖房は20℃,冷房は28℃といわれていますが、皆様は実践されていらっしゃいますか?

暑がりの方や寒がりの方には厳しいと思われる方もいらっしゃると思います。でも家の建て方を工夫したら、少しの冷暖房で快適に過ごせ、CO2の排出を少なくすることができるのです。1年の中で一番CO2の排出が多いのは冬の暖房です。もし冬の暖房することが少なくてすむことになったら…それはお財布にも地球にもやさしいことになります。
八城建設株式会社では、次世代の人々(子どもたち)に少しでも良い環境を受け継いでもらえるよう「アキレス外張り断熱の家」を施工しております。

外張り断熱と住宅寿命

日本は住宅寿命が短いことが、よく指摘されております。日本の住宅寿命が短いことの原因に結露がありますが、外張り断熱は全室暖冷房と計画換気により結露の発生を防ぎ、カビ・ダニの発生を抑制します。結露を防止し、構造体が室内環境下にするため、木材の耐久性を維持できるので建物の寿命を長くします。

外張り断熱と住宅寿命

外張り断熱とオール電化

オール電化にすると電気代が高くなるとお考えの方が多いのですが、外張り断熱にしますと断熱に優れているため少しの冷暖房で快適に過ごすことができるようになり、結果的に電気代は安くなります。

外張り断熱とオール電化

アキレス外張り断熱

アキレス外張り断熱ですと、建物の省エネルギー性はもちろん、材料自体の環境性能を高め、長命で資産価値の高い建築の実現するだけでなく、部屋間の温度差を解消できるのでヒートショックによる健康被害もありません。お年寄りがおられる家庭にも最適です。 また、従来の断熱材ウレタンはオゾン層破壊をするフロンガスを使用して作られていましたが、アキレスボード外張りの断熱材はノンフロンでつくられています。建築問題になっているホルムアルデヒド、アスベスト等は一切使用していません。

八城建設株式会社はアキレス外張り工法により、在来木造が持つ優れた技術を継承しつつ長命で性能・資産価値が高く環境にやさしいあしたの住まいづくりを目指しています。

このページの先頭へ